Quote
"

あのね、やっぱりね、ちゃんと考えたらさ、「バカ」とか言ってきりすてるんじゃなしに、知らなくてやってるんだろうからさ、知らないことを、学んでもらった方がいいなと思ってこのペ-ジ作ったよ。
説明不足でわからんことあったら聞いてね
あのね、まずね自殺する人のほとんどは「うつ病」という病気にかかってるんだよ。
君達も、hideとかさ、ねこじるさんとか「え?なんであんな有名人や、金持ちが自殺するの?」ってニュ-ス聞くよね。
ほとんど、そういう人達はこの「うつ病」にかかってその苦しさから逃れるために、死を選らんだんだよ。
この病気はすごく苦しい病気なんだよ。
だから、精神的にタフなスポ-ツマンも自殺しちゃたりするんだよ。
でね、この病気そんな珍しい病気じゃないの。
皆なる可能性のある病気なんだよ。
でもね、この病気、九割がた半年もしないうちに治るの。
でも、病気になってる時はね、すごくデリケ-トになってるからさ、変なこと言ったりしちゃいけないの。
この病気になってる時は、本人も「なぜそうしたかわからない」というぐらい、発作的に死を選んじゃたりするからね。
でもね、治りさえすれば、全然社会復帰できるんだよ。
あのね、「自殺する奴は弱いやつ、どうせ社会に出てもダメ!!」
なんて偏見もってる人もいるよね。
でも、黒澤明だって、大江健三郎だって、阿佐田哲也先生だって、武田鉄也だって、欽ちゃんだって、皆、自殺未遂してるの。

自殺差別論者さん、あなたにノ-ベル賞や、アカデミ-賞や直木賞とれますか?
皆、病気からたちなおったら、ちゃんと社会で活躍してますよ。

そんで、この人達の伝記読めばわかるけど、ほとんど未遂にいたるのは、ちょっとした衝動で、でもほんのちょっとしたことで、思いとどまったり、生き残ったりしたのがわかるの。
だからね、自分のまわりやネットでそういう病気と闘ってる人みたら、変なこと言うのやめて
「治るよ」って
「今は苦しくても、絶対治る。」
と、それだけでいいから、言ってあげればいいの
本当それだけでもいいんだよ。

私は自殺という行為を否定も肯定もしないの。
本人はすごく苦しかったんだしね。
うつは病気のなかで一番苦しいと言われるぐらいだからね。
でも、そういうニュ-ス聞くたびに、残念でならないの。
あと、ほんの少し、生きながらえたら病気も改善したかもしれないからね。
だから、残念だってしか言えない。
ここを、見てくれた方、どうか、どうか、そういうちゃんとした知識もって、いろんな事に対応してください。
そして、病気で苦しんでるかた、あとほんの少しで治るかもしれません。
治ったら人生意外と、バカに過ごせるもんだし、うつ病ほど苦しいことなんてもうこの先ほとんどないですよ。
だから、どうか耐えてください。
治ります。

"

http://ketsuro.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/trans.cgi?page=../karinpen/newpage65.htm (via mala) (via gkojay) (via hepton-rk) (via 46187) (via gonshiro)

Quote
"酒飲んで調子よくなってる自分のほうが、
シラフのどんよりした自分より好きになってしまったのが
間違いだった。どんよりした自分をありのままに好きになりたい。"

アルコール依存で毎日が日曜日になった:お料理速報 (via kogumarecord)

(yaruoから)

Quote
"社会人で社会の役に立ってる人なんてほとんどいないぞ"

Twitter / kasa_ga_nai (via ajinotatakinamennna)

(yaruoから)

Photo
719043:

信じられます? この四角形、全て同じスピードで動いています : ギズモード・ジャパン
Quote
"

先週末、鶴見店行ってきたんでレポ。
師走の足音が聞こえてくると北風が骨身に染みるようになって、ついつい仕事帰りに二郎に足が向いてしまう。
店に到着すると、子供二人連れの貧相な身なりのおばさんが一人という小さな行列。
どうやら、俺含めてこの親子三人が次のロットメンバーのようだ。

さて、店内の客が続けざまにどんぶりをカウンターに置き、入れ替わりに俺たち4人が席に着く。
俺の食券は大ブタW。さて、コールはどうしよう。週末だしここはニンニクをドカッと入れてスタミナをつけようか・・・
「困りますよ、お客さん!」
弟子の突然の怒号に、俺は呪文詠唱の集中を中断された。
顔をあげると、母親が「トッピングはいりませんので・・・どうかお願いします・・・」と弟子に向かって頭を下げている。
カウンターの上には「小」の食券のみが一枚。
どうやら、一杯の二郎を親子三人で分けて食べたい、ということらしい。
重大なロット違反――ギルティー。
俺の体内に蓄積されたカネシが急速にアドレナリンに変化してゆく。
しかし、とつとつと身の上を語り始めた母親の話を聞くにつれ、俺の破壊衝動は急速に萎えていった。

この母子は父親を事故で亡くし貧しい暮らしをしており、その命日に父親の好きだった二郎を食べるのが
年に一度の精一杯のぜいたくなのだそうだ。

その話を聞いて弟子も黙ってしまった。
店内に、いたたまれぬ沈黙が訪れる。
そのとき。
どんっ!と店主が母子の前にどんぶりを置いた。
それは、見事なまでの大ブタWにトッピング全チョモの二郎であった。麺も、通常の大の1.5倍は入っているだろう。
「ありがとうございます・・・ありがとうございます・・・!」と、何度も何度も頭を下げる母親の姿、
美味しい、美味しいと言いながら赤い頬を寄せ合い二郎を
ほおばる子供達の表情、
そして店主の心意気に、店の外の行列からも嗚咽が漏れる。
俺の大ブタWニンニクマシマシの二郎にも頬を伝った涙が落ち、いつしかカラメが追加されていた。

母子は腹をさすりながら、半分以上残して店を出て行った。

"

ラーメン二郎コピペ集めようぜ:お料理速報 (via gkojax)

店主がどんぶりを置いたところでオチがわかるわwwww

(via bbk0524)

(yaruoから)

Quote
"実際に自分がシリアスな病気になってみて、 入院中、うれしかったお見舞いと、 ちょっと負担になったお見舞いがあった。 わたしがお見舞いをする側にいた時、 こういうこと知っておきたかったなーと思うので、 それを書いておこうと思う。"

重病のヒトへのお見舞い | Short Note (via kotoripiyopiyo)

(kotoripiyopiyoから)

Quote
"「こんなこというと嫌われるかな」って姿勢がたぶん一番嫌われる"

Twitter / daichi (via otsune) (via jinakanishi)

2009-10-08

(via gkojay) (via hepton-rk) (via taku007) (via mysamplings) (via itokonnyaku) (via haruna26) (via hotcakechair)

(via amegumi) (via mogomogo29)

いたたた

(via nx4) (via ibi-s) (via deli-hell-me)

Photo
bochinohito:

いったい何が問題なの? 朝日の『慰安婦報道』を簡単にまとめた画像 – grape -「心」に響く動画メディア
Quote
"女「お風呂で歯磨かないでよwwソープじゃないんだからwww」
俺「え、ソープって風呂で歯磨くの?」
という会話から彼女がソープで働いていた事が発覚した苦い過去"

Twitter / tamagotaso (via mug-g)

(gkojaxから)

Quote
"アーティストが自らの行為を所謂「アート」と呼んだときに、その作家の芸術性は死ぬ。自意識に「はじめの気持ち」を薄めた作品は「観念的な 食べ物」という言葉と同じくらいに意味がわからない。料理人はひたすら舌の快感を追うからこそ料理人で、語るためにウェイターがいる。料理人は決してその 気になってはいけない。ウェイターの言葉はあくまで「客のため」のサービスだ。

作る人たちは忘れちゃいけない。
「芸術」なんてものはそもそも存在しない。

恋人たちは忘れちゃいけない。
「愛」なんてものはそもそも存在しない。

ぼくらには「きもちい」や「うれしい」があるだけだ。"

「芸術」なんてものは「愛」と同じくそもそも存在しない。 | DDN JAPAN - DIGITAL DJ Network (via kiku) (via sij373) (via gkojax-text) (via atasinti) (via suyhnc) (via mmmmmmmmmy)